季節に合わせた涼感と温感をかんじさせる素材のスーツがお洒落

季節感のある素材を着るのはおしゃれの第一歩です。
特に四季のある日本ではなおさら素材感を大切にしたアイテム選びと着こなしが必要になります。
スーツの素材ならウールをベースにモヘヤやカシミア、シルク、リネンなどを混紡し、様々な繊維を混ぜることで風合いと機能が変わるのです。
シャリっとかたいモヘアを混紡すると、夏場に通気性がよく汗ばむ肌に張り付かないので快適になります。
しっとりとやわらかく保湿性の高いカシミアは冬用というように季節によって素材を着分けることで快適にスーツを着ることができるのです。
しかし、最近では秋でもモヘアを着てみたり、ウールとシルクとコットンの三種混紡素材など、いつ着ればいいのかわかりにくいものも増えてきています。
基本的にモヘアは生地のウェイトによって着分けますので、夏場は軽いものを、秋には少し重みのあるモヘア混生地がよく、カシミアが冬というのは変わりはないとはいえ、混率が低いものなら秋や春にも着ることが可能です。

季節だけでなくTPOによる着分けも必要なスーツ

スーツの生地のバリエーションが増えたことにより、季節感よりもシーンに合わせた素材選びのほうが現実味を帯びてきています。
毛羽感のあるサキソニーは秋冬の定番素材でもあり、白毛がミックスされているため色合いも穏やかで、見た目のタッチもやわらかく温かみがあるため、ビジネスシーンでも着られるようになってきたのです。
むしろこれからはシルクやモヘアの光沢生地はパーティーなどの華やかな席といった風に、季節にこだわるだけでなく、TPOによって着分けるのが現実的になります。
また、サキソニーを同じ組成ですが、フランネルというやや内厚で毛足も長めの生地は昔は田舎くさいといわれていましたが、近年は薄手のものも増えており、ビジネスシーンでの人気が復活してきているのです。
他にも、ざっくりとした織り目の甘いメッシュ風の生地で通気性がよく、ビールのホップを入れる麻袋に似ていることからホップサックと言われている生地などもあります。

おすすめWEBサイト 5選

2018/11/15 更新