現代ビジネススーツのインナーにふさわしいのは

スーツのインナーであるシャツは首周りのサイズがあっていること、Vゾーンが見える部分に余計なシワがはいっていないこと、ジャケットの袖口から1.5から2cmシャツ袖が除くこと、この3つをクリアしていればスーツ姿は各段に美しく見えます。
色柄は流行があるとはいえ、万国共通のスタンダードは白です。
衿羽根の開きはやや広めのセミワイドカラーがよく、衿羽根にステッチがないものや、羽根の縁ぎりぎりに入っているものほど、フォーマルなスタイルに向いています。
同様にフロントボタンが並ぶ前立てにステッチがないものや胸ポケットがないほどフォーマルであり、その逆はスポーティーなシャツとなるのです。
日本人はこの辺のセレクト基準を曖昧にしがちで、アメリカントラッドな衿羽根の小さいボタンダウンシャツは本来スポーツシャツのカテゴリになります。
衿羽根が長くふんわりとロールしてタイの収まりがよい、クラシコイタリア系のインナーはビジネス用としても使用可能です。

スーツのインナービジネス用にふさわしい生地を知る

スーツを引き立ててくれるシャツはもともとインナー、下着の一部とされていたものです。
素肌の上から直接着るのが前提なので、素材は重要になります。
また、ジャケットを脱いだシャツ姿は下着一枚なので、礼節を欠くとされ、欧米では夏場でもジャケット着用が必須です。
一般に細い糸を使って織られた、しなやかな生地のシャツほど高級インナーとされます。
シャツで一番重要なのは生地で、カッティングや縫製も大切ですが、生地のクオリティが着心地を決定づけ、質のよいシャツ地は、美しい光沢感と滑らかなドレープを作り出すのです。
基本はブロード、白、ブルーそして落ち着いたストライプなど何種類かそろえておくのがよいとされています。
ブロード記事は双糸使いのしっかりとした糸を使ったものほど、艶とドレープが美しく、しかも生地自体も長持ちするのでビジネスシャツに適しているのです。
ウーステッドのスーツに合わせてエレガントに着るのに最適な生地になります。

Valuable information

駐輪場の場所を新宿で調べる

最終更新日:2018/7/2